2011/07/07(木):菅首相の「場当り・もぐらたたき政治」がまかり通る世界とは?
 東日本大震災の復旧復興のとりくみや福島原発爆発事故災害の対応など緊急対応が必要な事態に対して、政治が十分な対処方法を示していない。 大規模な災害であり直接の被害範囲もひろく、間接的な放射能被爆、風評被害を含めて全体対応を円滑にすすめるのは、誰が首相でもむずかしいことだ。 だから、適材適所の人材により十分に知恵をだしてもらい活躍してもらう以外にみちはない。
○首相が多くの人材を信頼して、委任して十分に知恵をだしてもらうこと。
○首相が事態を十分正確に把握して、緊急対応の方針をしめして周知すること。
○首相が緊急対応の正当・妥当性、有効性、人道性を保証すること。
 菅首相の手法はすべての項目で的外れだったり、タイミング外れだったりだ。 方法論をまったく持たないドンキホーテ?
正統な政治活動、市民活動をしてきた人物とは思えない。 現在の原発対応の進み方も異常事態だ。 
・福島第一原発事故の責任当事者は、東電、原子力安全委員会、原子力安全・保安院(それに行政府)だ。
・いままでに原子力安全・保安院だけが「当事者責任からの明確な謝罪」をしていない。
・保安院は「原発安全検査業務」自体を下請け機構へ委任している。
・原発安全の監理維持体制がほとんど形骸化している。 (行政府が保安院の不適格性をなぜ見過しつづけるのか?)
○原子力安全・保安院の監理信頼度がすこぶる悪いことに菅首相がいくらか少し気がついて、「原発安全性監理の新基準ルール(ストレステスト)」を全原発に検査適用する必要があると7月6日に突然言い出したとのこと。
○菅首相「新基準ルール適用が国民の不安を解消するために必要」と国会答弁でいう。
 いまからの方法論は? 他人の迷惑考えず、手柄を独り占め?
○原子力安全・保安院がおこなった発表でも「自治体、住民の不安解消のための適用」という。 恥知らずにもほどがある。
 本来「原発運用の安全確保のため」に必要な重要検査であるはずだ。