2011/06/04(土):「最小不幸社会」を「もぐらたたきゲーム」で菅首相は実現するのか?
 菅内閣不信任決議が否決された。 その直前の民主党代議士会で、菅首相は「震災復旧、原発事故緊急対応に対して一定の目処をつけた後、若手に責任を引き継ぎたい」との決意を述べて、不信任決議反対への流れを起した。 まったく民主党の世界だけしか通じない論理で語った。 国民への熱い思いはなかった。 政治状況も以前となにも変っていない。

 野党三党も、菅首相の政治手法が如何に悪いのか十分に説明できずにいる。
「ダメ?菅」の政治手法が悪いのは、発生した問題を「思いつき・場当りで叩き潰すこと」で問題解決したと勘違いしていることだ。
問題の端緒を目ざとく見つけて「もぐらたたき」をすることを手柄、功績と考えている。 そのゲーム感覚の手法でもって、現代日本の多くの困難な課題を解決していけると思考しており、総理大臣の責任を果せていると思っておられる。

○震災対応、原発対応にしても、脈絡もなく「ご乱心の一手」を「もぐらたたき」のように連発している。
○問題のたびに、「対策会議」、「対策本部」、「復興会議」など何重にも設置する。 「もぐらたたき」は叩いてしまうと、目は次に向かうだけで、結果には注意も気持も向けないのが玉にきず。
○「最小不幸社会」の概念も「ダメ?菅」ならではの「理念のなさ」をさらけ出しているものだが、それを目指す手段が「もぐらたたき」ではまさしく社会の活力が削がれてしまう。 残念ながら楽しいのは「もぐらたたき」をしている「はだかの王様」だけだろう。